翼班の活動日記

どうもこんにちは、翼班の一年です。

早速、翼班での最近の活動ですが、主に昨年度機体“Luminous”の翼の修復、及び今年度機体”Kantawille“の試作翼の製作をやっていました。

まずは翼の修復から!
11/18、19に行われた理大祭で機体展示を行うために、水平・垂直尾翼、片翼だけではありますが、プランクを貼るところまで(一部ミレファンまで)修復していました。

先輩の作ったマスターを使い、リブを切り、桁に通して、エポキシ(5エポ)でリブを桁に固定します。この5エポがとても臭いんですね〜、あまり嗅ぎたくないです(*_*)
しかも、このエポキシ、臭いだけでなく、固まるまで5分から10分ほど待たねばならず、作業効率を落としている状態でした。

そこで、今年度の機体の接着剤には別のエポキシ(すぐ固まり、あまりにひどい臭いはしない)(アルテコ社製)を使おうと、班長を中心にねじり試験を行い、新たなリブ付け法を試しました。(ねじり試験の記事も是非ご覧ください)

20171126①
図1 注入口から接着面全体に行き渡るようにエポを注入


すでに少し語ってしまいましたが、次に試作翼です!

先ほどの接着剤の変更の他にもリブの面積を大きくしてみたり、ストリンガーを一箇所減らし、位置を変えてみたり、リブの固定にタコ糸の張力を利用してみたりしました。ストリンガーの位置が変わることで、ただでさえ苦手なリブの前縁の難易度がさらに上がり、もっと練習が必要だなぁと感じております(汗)。

20171126②
図2 新たなリブと新たなリブ固定法

スポンサーサイト

ねじり試験

こんにちは、翼班長です。
翼班初回のブログは気づいたら、書かれてました笑
もっとしっかりしないといけないですね笑笑

最近の翼班の目新しい作業といえば、ねじり試験ですね!!
これはリブと桁の接着剤を変更するため、接着剤の強度が十分かを確かめるために行いました。
ちなみに5エポからアルテコに変更です。

結論からいうと、ねじり試験ってよりはリブの破壊試験に近くなり、ねじりが起こる前にリブが破断してしまいました。
まあ60倍発泡なのでこんなものでしょう
簡単に2回の試験内容と結果を書きます。

試験法としては、どちらもほぼ同じです。
同じ条件でつけた隣り合うリブの間につっかえとなる発泡をつけ、荷重をかけました。
つっかえをつけたのは、リブ自体がねじれて破壊されるのを防ぐためです。
荷重は、空力が一応軽く計算したんですが、実際は面荷重なので、その計算結果を参考に、エポで耐えらた荷重で、アルテコで耐えられるかどうかを見たので、あまり厳密には決めてないです。

20171029①

まず1回目の試験ではリブのマージン(写真の丸のところ)が5 mmと8 mmの2種類、ウェブ材の有無で2種類、エポかアルテコかの2種類で、それぞれ組み合わせて、全8種類の試験を行いました。
次に2回目の試験では1回目の試験で、エポとあまり変わらないほどの接着力はあることが想定できたのですが、初めてつけたこともあり、接着不良のところがいくつかあったため、接着剤のつけ方の改良と、マージンとウェブの有無を本番機でどーするかを考えるため試験を行いました。

結果からみて、接着剤はアルテコで決定です。ウェブ材をつけるかつけないかはまだ決めかねてます。
これで瞬間接着系の接着剤を使用することが決定したので,重力式のリブ付け方法を試します。今週やってみたのですが、全然うまくいかず課題だらけでした。なんとか本番で使えるように改良していきます.

下の写真は試験の様子の様子です。(1回目)

20171029②

20171029③

翼班の夏

翼班のよっしーです

久しぶりの更新になるので、夏休みから9月の間にやってきたことをまとめてお伝えします

夏休みの間は今年度の機体、ルミナスの解体作業を行っていました

普段は見られない機体の内部構造を覗くことができ非常に興味深かったです

20171001①
図1 それに比べて後縁材ってすごいよな、最後まで発泡たっぷりだもん


一通り翼の破壊が終わると、桁とリブの接着に使っていたエポキシ樹脂を剥がします

この作業結構神経を使うので一年生はもうやりたくないーと言っていましたが、来年の1月に今回の何倍もの量をやらなければならないことは黙っておきます… 笑

20171001②
図2 桁を傷つけないようにやさしくね


あと、一年生たちが自主的にマスター切りやリブ切りの練習をたくさんしてくれるので来年の成長に期待してます、がんばれー

20171001③
図3 マスター切り自主練


9月に入ってからは本番で壊れてしまった翼の修復作業を始めました

リブ付けするのは3カ月ぶりくらいになるので、二年生も思い出しつつという感じでしたが、新しい代での初めてのリブ付けにしてはまぁまぁ…うまくできたの…か、な? 笑

20171001④
図4 祝!初リブ付け


そして9月の終わりには後縁材まで進めることができました

後縁部分の翼型の再現性を高めるためには細かい調整が必要になりますが、一年生たちが時間をかけて丁寧に取り組んでくれたので嬉しかったです

20171001⑤
図5 充填剤




こんばんは!
翼班では最近, フタサットと翼端板, ウィングレットを作っています.
フタサットとは, 翼と翼の間の接合部に取り付ける, ミニチュアの翼です.
ちっちゃいのですぐ終わりそうに見えますが, 意外と手ごわく悪戦苦闘しています。

翼端板とウィングレットは, 翼の端に付けるYOKU NO OWARIです.
主に個人作業で, 器用な班員が頑張ってくれちゃってます. 加工の際に出る白い粉で服が汚れて大変そうです。削れて美しくなっていく翼端板とウィングレットを見ると, 僕らはそれぞれの貴重な時間を削って, 青春を作っているのかな, と考えたりします。
もうすぐ先輩と作業することも無くなるのだと思うと, 何気ない作業の時間も大切なものに思えますね。
ここで最後に一句!
「欲に勝ち 翼が完成 よく飛んで!」
解説:帰りたいな, 眠いな, そんな“欲”に打ち勝って作ってきた“翼”が, いよいよ完成しようとしてます。僕らの作った翼でルミナスが“良く”飛んでほしい!そんな気持ちを込めた一句です。

お久しぶりです
よくはんのちょふです
気付いたら7月ですね
まだ6月すら感じてないんですが
梅雨を感じてないんですが
あと1ヶ月で鳥コンですよ
ってことは試験も引退も目の前じゃないですか
え、時間なくないですか
え、え、え、





え、え、え、え、ふたさっとに穴空いてるじゃないですか
どういうことなんですかティーチャー!
なんだいスチューデントぉ!(東進英語講師大岩秀樹風

これはですねえ、ピトー管を出す穴ですね
今年はふたさっとの中にピトー管を仕込んで飛行中のデータをいろいろ取るらしいですよ
電装班お疲れ様です

今年初めてピトー管を導入したので試行錯誤の連続でした
エンジニアリングセンスが問われるってやつですね
よくはんは普段お馴染みの作業を効率良くかつ精度よくこなしていってあまり頭を使わないのでなかなかおもしろかったです

やっとふたさっとが終わって残すは翼端板とウイングレットだけです
全組も迫ってきまして
やっと組上がった機体の塗装の全体像が見られるんだなあっていう期待と
全機組み上げたときにふたさっとが入らなかったらどうしよう
全組中に翼が破損したらどうしようって不安に包まれてます

あれですよみなさん、破損しちゃったり破損してるのに気付いたら言ってくださいよ?怒らないんで
だってやっちゃったことはもうどうしようもないじゃないですか
怒っても直るわけじゃないし
そういうミスは誰にでもありますよ人間だもの
だけど言ってもらえないと気付けなくて修復の予定も組めないじゃないですか
もうそろそろ気付くの遅すぎて手遅れになってもおかしくない時期ですしおすし🍣
そこんとこよろしくお願いしますね

ではではあと1ヶ月、やれることはやったって言って悔いなく琵琶湖から帰ってこられるように頑張っていきましょーう