吊り具と新入生(`・ω・´)

こんにちは,コクピ班のさくまるです.

今週はTF用キャノピーをつくったり,フレームを桁につるすための吊り具をつくりました.
新歓期間だったので,キャノピーは作業場見学にきてくれた新入生と一緒につくりました.
新入生に上手く作業を振ったり説明するのは難しく,改めて先輩たちの偉大さを知りました(´-ω-`)
キャノピーの作り方については前回のコクピ班のブログで詳しい説明を書いてくれているので省略し,吊り具について書きたいと思います.

今回,鳥科は桁とフレームの接合にホースバンドを使用します.
そこでホースバンドとフレームをつなぐ吊り具が必要なので,中空のアルミ角材を使って以下の写真のような吊り具を作りました.lgfd

まずサイズの異なる2つの角材の大きい方をコの字型に加工し,隙間に小さい方の角材をはめます.
その角材同士の間にホースバンドとフレームが入る空間をあけた状態で,2つの角材を重ねたままボール盤でボルト用の穴をあけます.
そして空間にホースバンドとフレームのパイプを通し,角材にボルトを貫通させてフレームと吊り具を固定する仕組みです.
新歓の成果あって新入生も入部してくれたので,新入生と一緒にわたしも先輩らしくがんばります(`・ω・´)
あああ


スポンサーサイト

接合日記:オーバーレイ(o^^o)

こんにちは!接合班の一員です(^o^)

今週は接合班の華「オーバーレイ」を行いました。
オーバーレイとは桁のT字接着のことで精度はもちろん、見映えのきれいさも求められます。

朝早くから他の班の方々にも集まっていただきありがとうございました!
2時間近くの長丁場となりましたが無事成功となり大変安心しました。しかし、課題点も見つかり来年以降更なる改善をしていきたいですね。

P.S.新入生が入ってきたみたいです!未来の鳥科を担う新星に期待ですね!!

S__3530760.jpg

翼班は天才集団

こんにちは。
翼班のちょふです。

最近の翼班は、雨の日に外に出てご飯を食べに行くのが面倒で作業場でピザパをしたり(配達の方雨の中ご苦労様です)、じゃがりこパーティーをしたり毎日楽しく作業をしています。

進捗としてはマスターが半分ちょい切り終わって、立体作業もどんどん進めている感じです。

立体作業はみんなでやるので楽しいですね。(ぼっちマスター切り寂しい
中でも好きな作業がプランクの継ぎ目を切る作業です。カッター芸が光ります。綺麗に切れるとみんな言います。「天才かよ。」

今年からは上に重なったプランクを切るときに下のプランクの端が分かりやすいように、写真のようにマスキングテープを貼って端を透視しています。(天才故の



さぁて!続いての天才エピソードは!(サザエさん風
作業の一歩先を察する能力を発揮した人に対して翼班は「天才かよ。」って言います。
次の作業の下準備がしてあるとすぐに次の作業に取り掛かれますよね。捗ります。翼班には段取り力の天才もいるんですね。

あとはとりあえずなんか作業がうまくいくと「天才かよ。」って言います。翼班では誰でも天才になれます。

カッターの天才と段取り力の天才と作業の天才、このあとにはどんな天才が現れるのでしょうか。
お菓子を差し入れする天才とか現れないかなあ

五孔ピトー管

電装班です。
全圧&静圧孔のピトー管の動作を確認したので、最近は五孔ピトー管の製作に取り組んでいます。現在は基板と管本体が完成したので、あとは校正とケース加工をやっていきます。
今週はVC#で各センサ(ヨー差圧・ピッチ差圧・全圧)の出力を可視化するプログラムを作ってみました。こうやって視覚的に表示できてくると形になってきた感じがしてうれしいです。

5HPとその基板
5HP出力可視化

接合日記 本番機フランジ編


約一か月ぶりの更新となってしまいました、接合班です。
鳥人間コンテスト出場が無事決定し、本番にむけフランジを鋭意製作、加工、接着しています。しかしその積層に使う型の大きさを違っていたため、多くを作り直すことになってしまいました。また真空ポンプがうまく稼働していないなど多くのトラブルがあったため、こういうことはなくさなければと猛省しています。

ブログ1

ブログ2

そろそろ胴体桁と主翼桁の接合に取り掛かる時期でもあります。自分が何をすべきかよく覚えておきたいです。

キャノピー製作

こんにちは!コックピット班の爽です!

今月から新入生の作業場体験期間が始まり僕が先輩になるなんて誰が思ったでしょう!
あぁ!先輩になりたくないずっと後輩でいたいですねえ...

今週は先週行った塩ビ焼きで加工した塩ビ板をそれぞれつなぎ合わせてキャノピーを作りました.
新入生も見ているかもしれないのでキャノピーの作り方を簡単に説明しますね!
そもそもキャノピーとはパイロットの広い視野を確保するために透明で覆っているもので,下の写真で透明なカバーがキャノピーです.風防も兼ねています.

S_5915143397154.jpg

鳥科のキャノピーは塩ビ製で,塩ビ板を塑性温度まで熱したものをキャノピーの雄型に押し当てて成形します.チームによってポリカーボネートやPETなど様々な材料が使われています.下の写真は今年の雄型です.

あ

コンロで熱したアツアツの塩ビ板を... 雄型にどーん!

tq

塩ビ板は熱可塑性プラスチックなので加熱すると溶解し,冷却すると元の個体に戻る性質を持っています.熱して柔らかくなった塩ビ板を雄型に押し込んで冷却するとキャノピーが成形できるわけです.部分的に成形した塩ビ板をつなぎ合わせて完成なのです
S_5918246839900.jpg

キャノピーは四角錐の頂点を丸めたような形をしているので,部分的にトップ1枚と側面4枚を塩ビ板で成形したものを余分な部分を切り落として,つなぎ合わせて作ります.下の写真が完成したキャノピーで,持っているのは僕です(‘ω’)

kjh

説明が下手で伝わらなかったかもしれないですが,現在行っている作業場見学では実際にキャノピーをつくることができちゃいます!!!コックピット班の作業体験は本日も行っています!新入生が来るのを楽しみにしています(#^^#)
ではでは!

次期班長より

 こんにちは。電装班次期班長となりましたPZです。いやー、なっちゃいました次期電装班長。僕はまだまだ電装班員としては実力不足であり、なにより二年の電装班員が僕を入れて二人しかいないというのが最大の懸念事項であります。新歓で新入生がたくさん入ってくれるといいなぁ。さて、そんなこんなでぼちぼち今週の活動報告を。

 今週は三軸センサーを用いた迎角計のプログラムや配線を組んでいました。これに写真の発光ダイオードを組み合わせて、パイロットに機体がどれほど傾いているかを知らせようという考えですね。ていうかこの作業、もう一人の2年電装班員のT君が大体をやったんですよね(もう彼が次期班長のほうがよいのでは)。これ以外にも、現班長が五孔ピトー管(強そう)を製作したりしていました。早くこんな頼れる班長になりたいですね。ではノシ。

led_array

翼班の春

こんにちは、翼班のよっしーです。東京の桜は満開を告げ、だんだん春めいてきましたね。夜ひどく冷え込む季節も終わりを迎え、立体作業に本格的に取り掛かれそうです。

今日は平面作業で作ったリブを桁に接着剤でくっつけるリブ付けと、その上からエスレンシートをかぶせる立体作業をしました。



目の前のことを片付けるのに必死で作業していたらだんだんゴールが見えてきました。完成した機体を見たらきっと感動するんだろうなぁ。



写真で青く囲われた部分に今年のパイロットがお絵描きをするのです。どうぞ楽しみにしていてください。

春は出会いの季節。新歓も始まりました。さぁ、やっていきましょう。