吊り具と新入生(`・ω・´)

こんにちは,コクピ班のさくまるです.

今週はTF用キャノピーをつくったり,フレームを桁につるすための吊り具をつくりました.
新歓期間だったので,キャノピーは作業場見学にきてくれた新入生と一緒につくりました.
新入生に上手く作業を振ったり説明するのは難しく,改めて先輩たちの偉大さを知りました(´-ω-`)
キャノピーの作り方については前回のコクピ班のブログで詳しい説明を書いてくれているので省略し,吊り具について書きたいと思います.

今回,鳥科は桁とフレームの接合にホースバンドを使用します.
そこでホースバンドとフレームをつなぐ吊り具が必要なので,中空のアルミ角材を使って以下の写真のような吊り具を作りました.lgfd

まずサイズの異なる2つの角材の大きい方をコの字型に加工し,隙間に小さい方の角材をはめます.
その角材同士の間にホースバンドとフレームが入る空間をあけた状態で,2つの角材を重ねたままボール盤でボルト用の穴をあけます.
そして空間にホースバンドとフレームのパイプを通し,角材にボルトを貫通させてフレームと吊り具を固定する仕組みです.
新歓の成果あって新入生も入部してくれたので,新入生と一緒にわたしも先輩らしくがんばります(`・ω・´)
あああ


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する