ねじり試験

こんにちは、翼班長です。
翼班初回のブログは気づいたら、書かれてました笑
もっとしっかりしないといけないですね笑笑

最近の翼班の目新しい作業といえば、ねじり試験ですね!!
これはリブと桁の接着剤を変更するため、接着剤の強度が十分かを確かめるために行いました。
ちなみに5エポからアルテコに変更です。

結論からいうと、ねじり試験ってよりはリブの破壊試験に近くなり、ねじりが起こる前にリブが破断してしまいました。
まあ60倍発泡なのでこんなものでしょう
簡単に2回の試験内容と結果を書きます。

試験法としては、どちらもほぼ同じです。
同じ条件でつけた隣り合うリブの間につっかえとなる発泡をつけ、荷重をかけました。
つっかえをつけたのは、リブ自体がねじれて破壊されるのを防ぐためです。
荷重は、空力が一応軽く計算したんですが、実際は面荷重なので、その計算結果を参考に、エポで耐えらた荷重で、アルテコで耐えられるかどうかを見たので、あまり厳密には決めてないです。

20171029①

まず1回目の試験ではリブのマージン(写真の丸のところ)が5 mmと8 mmの2種類、ウェブ材の有無で2種類、エポかアルテコかの2種類で、それぞれ組み合わせて、全8種類の試験を行いました。
次に2回目の試験では1回目の試験で、エポとあまり変わらないほどの接着力はあることが想定できたのですが、初めてつけたこともあり、接着不良のところがいくつかあったため、接着剤のつけ方の改良と、マージンとウェブの有無を本番機でどーするかを考えるため試験を行いました。

結果からみて、接着剤はアルテコで決定です。ウェブ材をつけるかつけないかはまだ決めかねてます。
これで瞬間接着系の接着剤を使用することが決定したので,重力式のリブ付け方法を試します。今週やってみたのですが、全然うまくいかず課題だらけでした。なんとか本番で使えるように改良していきます.

下の写真は試験の様子の様子です。(1回目)

20171029②

20171029③

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する