接合飯

ここでは,作業後に食べるソウルフードについて記す.

・マヨガリ若鳥竜田丼 ~Sガスト~

Sガストのマヨガリ若鶏竜田丼400円.鶏肉の竜田揚げにマヨガリソースを絡めてどんぶりにしたものである。マヨガリとはマヨネーズとガーリックを練り込んだソースで、 かなりこってりとした感じのソースで、それを竜田揚げに絡めて、独特の味わいを表現している。肉が柔らかくてジューシーでおいしい。そしてこのソースが激ウマ.もやしがご飯とよく合うので食が進む。これは,職人の血と涙と汗の結晶であると考えられる.また,ソースのこってり感が、竜田揚げに意外と相性が良いのである.トッピングされたもやしがあるお陰で、意外とさっぱりとした感じで食べることができた.ソースと揚げ物のお陰で、かなりのボリューム感で、値段が安くて、すばらしいメニューである.このおかげで,接合班は作業を続けられているのである.また,このマヨガリが積層という作業で使う50分硬化型エポキシ樹脂に似ていることは言うまでもない.

マヨガリ

図1 マヨガリ若鳥竜田丼
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する