コクピ班 4.7

 こんにちは、コクピ班です。
 今回は帰省ラッシュで壊滅状態続きの我らコックピット班が、僅かな生き残りをかき集めて何をしていたかを記します。

1電熱線2号の製作
 発泡スチロール切り出しの効率を上げます。

2フレームのリベットを打ち終え、完全に完成させる
 昨年までのボルトによるピン接合からリベットによる剛接合(建築用語)に変更しました。この変更によって作業の効率化が格段に良くなりましたね。やったぜ

3ランダムサンダーを使用したヤスリ掛けの練習
 新兵器ランダムサンダーを部室奥からひっぱり出してきたのでちょっと使ってみました。やすると言うより削り取る感じですね。スピードはものすごく早いんですが、持つ手へのダメージも甚大です。

4御神体表面塗装の実験
 表面を加工する事によって小さなキズ、凹みを目立たなくする。石膏の粉が付かないようにするなどの目的があります。

 はい、こんなもんです。予想以上に進捗がヤバいですわ()4月は全力でカウル製作に励みます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する