翼班の活動日記

どうもこんにちは、翼班の一年です。

早速、翼班での最近の活動ですが、主に昨年度機体“Luminous”の翼の修復、及び今年度機体”Kantawille“の試作翼の製作をやっていました。

まずは翼の修復から!
11/18、19に行われた理大祭で機体展示を行うために、水平・垂直尾翼、片翼だけではありますが、プランクを貼るところまで(一部ミレファンまで)修復していました。

先輩の作ったマスターを使い、リブを切り、桁に通して、エポキシ(5エポ)でリブを桁に固定します。この5エポがとても臭いんですね〜、あまり嗅ぎたくないです(*_*)
しかも、このエポキシ、臭いだけでなく、固まるまで5分から10分ほど待たねばならず、作業効率を落としている状態でした。

そこで、今年度の機体の接着剤には別のエポキシ(すぐ固まり、あまりにひどい臭いはしない)(アルテコ社製)を使おうと、班長を中心にねじり試験を行い、新たなリブ付け法を試しました。(ねじり試験の記事も是非ご覧ください)

20171126①
図1 注入口から接着面全体に行き渡るようにエポを注入


すでに少し語ってしまいましたが、次に試作翼です!

先ほどの接着剤の変更の他にもリブの面積を大きくしてみたり、ストリンガーを一箇所減らし、位置を変えてみたり、リブの固定にタコ糸の張力を利用してみたりしました。ストリンガーの位置が変わることで、ただでさえ苦手なリブの前縁の難易度がさらに上がり、もっと練習が必要だなぁと感じております(汗)。

20171126②
図2 新たなリブと新たなリブ固定法

棒かんざしの製作

第1回

鳥人間工学実験Ⅰ 報告書

実験題目:棒かんざしの製作

実験者:接合班員


1.目的
 棒かんざしを作製し, 棒かんざしの構造や棒かんざしを使用する意味を理解する.

2. 原理
2. 1. 木かんざしの役割
 木かんざしとは,径の小さい桁に木の輪や木の棒を取り付けることによって,径の大きい桁にすっぽりはまるようにするためのパーツである.

2. 2. 木かんざしの種類
木かんざしには丸木かんざし (図2.1) と棒木かんざし (図2.2)が存在する. 丸木かんざしは木の板からボール盤を用いて切り出す. 一方, 棒木かんざしは木の棒を適切な長さに切りし, 作製する.また, 本来ならば棒を適切な長さに切り, 使用するが, 本実験では木の板を使用するため, そこから棒状に切り出す.

20171120①
図2.1 丸木かんざし.


20171120②
図2.2 棒木かんざし.


3. 使用器具
 木の板 1枚
 カッター
 径の違う桁 1組

4. 実験方法
①木の板を適切な大きさに切り出した.
②5分エポキシを桁の接着面にぬり, 切り出した棒を桁に1週させるように接着させた.
 
 GF (グラスファイバー)がなかったため今回の実験ではここまでしか行わなかった. 本来であれば次の③~⑥を行う.

③GFを棒かんざしの幅で, 棒かんざし3~5週分に切り出す.
④50エポをGFに塗り, 棒かんざしに巻きつける.
⑤すずらんテープで圧着する. このとき, エポがはみ出るので適宜拭き取る.
⑥1日おいたらすずらんテープを剥がし, GFをやすって径をあわせる.


5.実験結果
 作製した棒かんざしは図5.1のようになった.

20171120③
図5.1 作製した棒かんざし.


図5.1からわかるように今回使用した棒かんざしは木の板から切り出したため, 棒の幅がそれぞれ異なっており, 凸凹になっている. これはやすったり, 棒を木の板ではなく木の棒から切り出すことによって改善されることが期待できる.

6.考察
6. 1. 木かんざしには棒木かんざしと丸木かんざしがあるが, 今回棒木かんざしを使用した理由について説明する

木かんざしを使用する際には丸木かんざしを使用するのが望ましいが, 実際には丸木かんざしを作製する際に大きい方の桁の径 と小さい方の桁の径 の差 が小さいとボール盤で切り出す際に丸木かんざしが割れてしまう. ゆえに, 本実験で使用する桁の径差 は小さいため棒木かんざしを作製した.

6. 2. 棒木かんざしを作製する際には本来であれば木の棒から切り出すところを, 今回木の板から切り出した理由について考察する.

  木の板を使用した理由は, 木の棒を買ってくるように指示したところ, なぜか木の板を買ってきた班員がいたことが原因だと考えられる.

7.まとめ
棒かんざしを作製することで棒かんざしの構造や棒かんざしを使用する意味を理解する事ができた.

参考文献
[1]:接合班ノート

御神体の石膏塗り

初めまして、1年コクピ班員です。

今月は御神体に石膏を塗りました。まず、水に石膏を加えて混ぜ混ぜするのですが...この加減が難しいです。

混ぜるのが遅すぎるとゆるくなってしまうし、逆に早すぎるとすぐ固まってしまいます。混ぜる時間や混ぜ方、その結果どんな硬さになったかなどの記録も取ったので、次回以降の石膏塗りに活かされると思います。

そして実際に御神体に塗った際にも色々と分かった事がありました。

まず、つまようじが刺さった部分の真下は塗りにくいということ、そして硬くなってきた石膏を無理矢理塗ると気泡のできる原因となってしまうこと...このように様々な課題も見えてきたので、これらの反省をしっかりと行い、より良い御神体を作って行きたいと思います。

20171112.jpg

HCD(ホームカミングデー)の報告

こんにちは、19代の翼班員です。運営スタッフやってます!

10月29日は野田キャンパスでHCD(ホームカミングデー)がありました。
我々、鳥科は同じ東京理科大学のACMさんと一緒に機体部品とパネル展示をしてきました!

20171105①

20171105②

本当は屋外で機体展示もやる予定だったのですが………
あいにくの雨!!!しかも一日中!(>_<)

しかし!そんな雨の中でも鳥科のブースにいらっしゃってくださった来場者の方がいて、感激しました。
そして募金してくださった方、本当にありがとうございました!

来場者の方の中には、機体見たかったです!とおっしゃってくださった方や、来年も期待しているよ!と応援してくださった方もいて、もっと作業場行って作業頑張ろうって改めて思いました٩( ‘’ω’’ )و
鳥科一同頑張ります!

11月18,19日の理大祭でも展示をやるのでぜひ、来てください!

プログラミング

こんにちは電装班の一年です。

今月は方位角計とスピーカーを繋げたものの作成と作動検査、また気圧センサーを使った高度計の作成をしました。
最小はエラーが多くどこがエラーかもわからなかったのですが先輩に教えてもらい大体どこがミスってるのかわかってきました。

なかなか作業に行けない日もありますが先輩に迷惑をかけないよう頑張りたいです。