電装班の活動日記


こんにちは、19代の次期電装班長です!(肩書き使いたがり感)

諸事情で前回の活動日記が飛んだので、久しぶりの投稿です。

先日、鳥科毎年恒例の春合宿(in福島)で、次期電装班長に任命されました!
過去の偉大な先輩方を越えられるように、この1年は勉強に励みたいと思います!
どうぞよろしくお願いします!

さて、実に11月ぶりの投稿ですし、電装班の冬休み〜春休み〜今にかけての活動を振り返ってみたいと思います!

まず冬休みから。

冬休みは、気圧センサー(SCP1000-D01)を用いた高度計の製作を行なっていました。

実は、気圧センサーを用いた高度計は誤差や値の変動が大きいのが難点で、鳥科では本番機に搭載する高度計としては採用していません。
代わりに例年、超音波センサーを用いた高度計を搭載しています。

ではなぜ気圧式の高度計を作製したかというと、パイロットから、練習の一環として使用しているハンググライダーに高度計を載せたい!という話が出たからです。

計器周辺に遮蔽物の多いハンググライダーでは、超音波式高度計だと超音波が至る所に反射してしまって、正確な高度が得られません。
よって、ハンググライダーに限っては気圧式の方が良いという結論に至ったのです。

実はこの高度計の製作期間、当初予定していた期間より随分長くなってしまいました…。

マイコンに、いつも使っているArduino Uno(でっかいやつ)ではなくArduino Pro Mini(小さいやつ)を用いたのですが、どうもUnoとPro Miniでは仕様が色々違うらしく、1年生の中でも特に知識に疎かった自分には配線からプログラミングまでさっぱりわからない状態でした。

20180422①

左 Arduino Uno 右 Arduino Pro Mini


しかし、昨年度の高度計を作製した先輩に教えていただきながら、なんとか実装まで漕ぎ着けることができました!

20180422②

高度計外観


20180422③

高度計内観(気圧センサー取り外しています)


この高度計、仕様としてはスイッチを押した時点の気圧を初期値として、初期値からの気圧の変化を集合LEDの光る数の変化で表す、というものです。

作業場に向かうエレベータで実験してみると、LEDが高さに応じて点灯してくれました!よかった!

ここまでが4ヶ月前までの出来事です(笑)

次にテストを終えて春休み。
春休みは、超音波式高度計の試作に取り掛かりました!

仕様を軽く説明すると、超音波センサー(MB1260)から発射された超音波が、基準面に反射して返ってくるまでの時間を読み取り、そこから高度を計算するというものです。
周りに遮蔽物が全くない琵琶湖では、まさに最適と言えるセンサーですね!

今回は気圧式の時と異なり、7セグ表示板を用いて、高度を実際の数字で表示するようにしました。確かに実際の数値で表示された方が、何となく安心感がある気がします…。

20180422④

MB1260と7セグ表示板


最後に近況報告です。
現在は、ハンググライダー追い込みに向けて、パイロットの要望で『気圧式』で『7セグ表示』の『小型』な高度計の製作に励んでいます!
今までの良いとこ取りみたいな感じですね!(笑)さらに小型化まで!

ということで、小型化前までは完成したのですが…。

20180422⑤

気圧式かつ7セグ表示


肝心の小型化がまだです。
小型化するために、Arduinoに搭載されているAVRマイコンそのものだけを使って作製しようとしているのですが、電圧等々の問題で行き詰まっています…。

ということで今後はその問題の解決策を考えていく方向です。

以上、こんな感じです!

18代の先輩方が取り組んでいる、操舵系統やピトー管の作製については次回以降に回したいと思います!

長くなったのでこの辺にしておきます!閲覧ありがとうございました!

合格報告と新年度挨拶


鳥科13期代表の荒巻です。報告とちょっとした近況報告になります。

鳥科は第41回鳥人間コンテスト滑空機部門に出場が決まりました!

鳥科の所有しているtwitterアカウントでは既に告知いたしましたが,ブログでの告知が遅くなってしまいました。無事に出場が決まり安心しています。安心しているばかりではいられないので,改めて本番への気持ちを入れなおして琵琶湖でビックフライトを成し遂げられるように,部員一丸となって機体製作を続けていきます。これからも鳥科をよろしくお願いいたします。
また鳥科はここ数年連続出場を果たしています。その記録を繋げることが出来てとても嬉しく思っています。昨年の記録を超えられるよう頑張ります!

さて四月になり新学期になりました。鳥コンまで残り四か月弱ですね。
現在鳥科は新歓期で,新入生が作業場見学や作業体験に訪れています。新入生を見ているとなんだか懐かしい気分になります。あくまで気分なので,この時期に具体的に何をしていたか思い出せているわけではないです…
果たして,今年はどんな新入生が入ってきてくれるのか,とても楽しみです!

13期代表 荒巻智隼

2018春交流会レポ

19代翼班員です。


桜も咲き始めて、もうすっかり春ですね🌸🌸

大学入学からもう1年。
もう今度は後輩が入ってくるのかぁ
などと思いつつも、まだ実感が湧きません...。


さて、鳥科は3/4に東北大学で行われた春の交流会に参加してきました!!

僕にとって交流会は今回が初めて。
少し緊張していましたが、様々なチームの方とお話することができました!

僕の居た翼班部屋では、翼の製作方法が主な話題でした。
今までは他チームの作業方法をほとんど知らなかったのですが、行程の1つ1つにおいてもチーム毎に全然違うんですね!
驚かされることがたくさんありました。

そして、皆さん精度を上げるためにかなり色々な工夫をされていて、そんな目の付け所があったのか...と考えさせられるような方法をとっているチームもありました!
とても勉強になります。
今後鳥科の製作にも応用していきたいですね。


また、他チームの方の知識の豊富さや、鳥人間に懸ける熱意を感じました。
やっぱり本気で取り組む姿勢って、他の人にも伝わりますし、かっこいいですよね✨

僕達はどうなんですかね...
新1年生にもそんな風に思ってもらいたいなぁ...
そしてそれを見て、たくさんの新しい後輩に入ってきてもらいたいですね!!

また明日からも作業頑張ります!!

特別奨励賞 受賞


先日、学生表彰が行われ鳥科は特別奨励賞を受賞しました。


第40回鳥人間コンテストにおけるチーム記録更新と6位という結果から今後の活躍が期待されるという事でした。


今後の結果が期待されているという事を、賞という形で改めて知ると身が引き締まる思いです。現在の鳥科は出場合否の結果を待ちながら、Kantawilleの製作を進めています。

新歓の準備も進んでいて、機体の出来上がりも進んでいるので、どんどん時間が経っている事も感じています。


これからも鳥科を応援してくださる方々の期待に応えられるように努力していきます。

今後も鳥科をよろしくお願いいたします!

20180327.jpg

コクピ班の今まで。これから。

お久しぶりです。コクピ班長のこじいさんです!
先日の交流会@東北大で交流して頂いた皆さん、ありがとうございました。

久しぶりのブログということで書きたいことはたくさんあるのですが
もうすぐ新歓ということでこの記事を新入生が読んでくれることを願ってコクピ班の活動内容を時系列で大まかに、ゆるーく紹介したいと思います。

9月 班分け+コクピ班キャンプ
昨年の4月に入部した現一年生の班分けを行い、そのあとにコクピ班で狭山市の智光山公園にキャンプに行きました!なんでキャンプかって?僕が好きだからです。(職権乱用)新入生が班分けされたときのイベントはきっと次期班長が楽しいものを企画してくれるでしょう!(圧力)
20180321①
やっぱりカレーや

10~1月 試作
今年はフレーム(パイロットが乗る骨格部分)、御神体(塩化ビニルを熱加工するときの雄型)、ハッチを試作しました。下の写真はフレーム組立の様子。
20180321②
フレームは繊細な作業も力がいる作業もあってやりがいがあります

次は御神体と呼ばれる塩化ビニル製のキャノピー(コックピット前部の窓の部分)を熱加工する際に押し当てる雄型を石膏を用いて製作している様子です
20180321③
無数の手

他にもハッチやフレームのパイプ同士を締結するアルミ板などを試作しました
コクピ班は作業の種類が多いので作業に対してあまり得意不得意の差がありません!

2月 塩ビ焼き(試作回)
塩ビ焼きとは公園を借りてキャノピーの材料である塩化ビニルやPETを熱成形するイベントです!コクピ班では一位二位を争うビッグイベントです。
20180321④


3月~ 塩ビ焼き(本番)、本番機製作開始
これからは本番機の製作が始まり、そのためのキャノピーを焼く塩ビ焼きも行われます。
カウル(ボディの部分)の製作などは新入生も体験できるので、少しでも作業やってみたいなーという方は気軽に作業体験にお越しください!