簡易風洞つくりました

遅ればせながら、先週は交流会お疲れさまでした。
今週は、諸事情で以前に使っていたピトー管の校正装置が使えないので、交流会で教えていただいたドライヤーを使った風洞を製作しました。
円筒の中にストローを並べた整流器を入れてドライヤーで送風するものです。風速は9[m/s]付近まで出せるので十分実用になりそうです。
ただ、肝心の五孔ピトー管の方の進捗がなかなか出ないです。
四月までには校正の段階までもって行きたいので、この先二週間が山場になりそうです。

風洞内部
風洞概観

フランジを生み出す接合班の日記

たまに80cmぐらいの棒を見つけると振り回したくなる系の接合班員です。桁試験も終わり、今週はフランジを作っていました。

これだけで終わらせるわけにはいかないですね。
いつぞやの何かにも書いたような気もしますが、少し前にカーボンクロスの切り出し方法を変更しました。
今までは繊維がほどけないように切る部分にテープを貼り、そのまま切ってテープをはがす…という流れでした。
しかしこのやりかたは手間がかかる、少し時間がたってからテープをはがすとうまく剥がせないのでボロボロになるので問題がありました。
そんなこんなであるときカッターで切ることを思いつき、実践してみたところたいして粉も出ないし早く終わることがわかりました。
なんで今までやらなかったんだろう!すごい!素晴らしい!さすが接合班長!大勝利!と盛り上がっていました。

カーボンクロス

立てた計画に忠実に、やっていきたいと思います。

こじいさんの春休み

 どうもお久しぶりです。18代コクピ班カウル設計のこじいさんです。提出する設計書類も完成し一息つけると思いきや次の作業の準備に追われる渋い日々が続いていますが、今回はそんな渋かった今までの資料作成や作業の一部始終を紹介したいと思います。
 まずは流体解析から。僕は設計資料に主にカウルの機能性について書きたかったので、CFDによる流体解析を早く成功させたかったんですが、CADで作ったモデルを出力、CFDで読み込み、条件を与え、モデルをメッシュし…..ああああああ みたいな。解析に至るまでには時間がかかり、モデルのメッシュ時のエラーが消えず、調整のためにCFDとCADを行ったり来たり….を繰り返し、ようやく成功にこぎつけました。この苦労を誰かに伝えたくて交流会資料にもこんな画像を……
あ


まあそんなどうでもいい話は置いておいて、CFDで解析を行いFlowDesignも併用してカウルをより抵抗を減らす形状にすることができたので、意気揚々と書類に記載。(実際Flow Designはめちゃくちゃ有能)そんなこんなで設計書類は無事終了、3つ目のフレームの製作に入りました。今回のリベット打ちもリベッターとリベットのバケツリレー状態ですぐ終了。無事完成。
 シン・ネンドでの御神体試作も終え、これからはカウル後方の収束部分の試作を行います!
い
う

 カウル設計の本番はまだまだこれからのようです。

反省!

こんにちは、2ヶ月バイトを切って試験と鳥科に全振りしました接合班長です。
偏差値3の人が書いた記事の通り、桁試験は無事に終わりました。
ただ、班での試験終了からの桁試験準備があまりにもお粗末過ぎた!

反省事項はあまりにも多すぎるのですが、特に問題だったのが備品管理のずさんさでした。
カーボンクロスが無い!木材が無い!木フランジが半分無い!ドリルガイドが無い!5エポが無くなりそう!
木材に関してはもう頭が回らずやけくそになって買っていたと思います。
冷静に見通すことが出来ていればこれらの事態は未然に防げました。
後輩たちには今年の惨状を起こさないために対策を練るべきですね。
在庫確認の習慣付けは本当に重要です。

良かったことと言えば、上反角が折れなかったことに尽きますね…
本当に1.5Gに耐えるのか?と製作段階で疑心暗鬼状態にあった位です。
目視で角度は殆ど揃っているのでは?
これで中子信者が増えること間違い無しですね。
まあ、ある重大な問題点を解消する必要があるわけですが、後輩たちには頑張ってもらいたいですね。

どうであれ、桁試験を乗り越えることは出来たので、気持ちを新たに本番機製作に打ち込んで行きたいと思います。

主桁荷重試験

おはようございます、偏差値3の構造設計です。
先日13日に主桁荷重試験を行い、1.0G、1.38G、1.5Gの荷重をかけましたが
桁が折れることもなく無事に終了しました。
少なくともここ2、3年では一番スムーズに行えたと思います()
OBさん方も来てくださり、毎年恒例?大量のハンバーガーの差し入れを頂きました笑
ありがとうございました!!
来年は自分たちが後輩に100個のハンバーガーを差し入れするのかと思うと顔が歪みますね()

桁試験は構造設計の山場みたいなところがあるので、無事に終えることが出来て少し肩の荷が下りました。
いや~、本当に胃に穴が開くかと思いましたね。大学受験より緊張しました()
後は今月下旬にフランジ捩り試験を行います。本当は11日にやるつもりだったのですが、
色々あって延期になりました()

詳細設計書類もあらかた書き終えて、OBさんにチェックをしてもらいながら修正を重ねています。
やることがたくさんあって大変な時期ですが、ここを乗り切れば後は本番機製作なので
今まで以上に気を引き締めていこうと思います。

何はともあれ桁試験お疲れさまでした。

桁試験ブログ用 (1)


ちなみに僕は寝ることが得意なフレンズなのでバレンタインデーは
一日お布団といちゃいちゃしてましt